一人暮らしに憧れるあなたへ贈る。住む街選び20の条件

pixta_17512585_M

一人暮らしをしたいと考え、家選びを始めるとき、最初は部屋の間取りと家賃にばかり目がいきがち。しかし、いろいろと物件の間取りをながめ、探しているうちに家探しとは「住む街選び」「物件の立地選び」もとても重要だということに気づくのです。

今回は、一人暮らし歴3年、板橋区と世田谷区に住んだ経験のある僕が、経験をもとに「住む街選びの20の条件」を紹介していきます!快適に過ごすためには街選びはとても重要。もちろん立地も超重要。それでは見ていきましょう!

前提は「治安」「アクセス」「利便性」

pixta_13940464_M
前提として、住む街選びの基準を知っておきましょう。一人暮らしを快適にするためには、「治安の良さ」「アクセスの良さ」「生活の利便性」の3つの視点が重要です。やっぱり安心して、便利に楽しく過ごしたいですよね。20の条件、スタートしていきます。

生活編

まずは「治安」「アクセス」を重視した生活編を紹介していきます。

「治安を重視した5つの条件」

条件1.家賃相場が自分の生活の丈とあっている
家賃の相場が高いということは、生活水準も高いため買い物も高くつきます。また、家賃相場が低いということは周りにも低い家賃で生活をする人が多いということ。ベストは自分の金銭感覚に無理なく、低すぎない金額の家に住むといことです。

条件2.自転車の乗り捨てなどがない

自転車の乗り捨てや放置などが多い地域はあまり健全ではないですよね。

条件3.夜道でも街灯が明るい
夜道で街灯が暗い場合もあります。内覧のタイミングだけではなく、別の機会にもその地域のことをチェックしておくといいでしょう。

条件4.深夜営業の居酒屋が少ない
深夜営業の居酒屋、スナック、カラオケなどのお店があまりにも多い地域も心配です。生活サイクルが夜中を中心に回る人たちは、ちょっと怖い人たちが多かったりしますよね。

条件5.物件の周りに道路、線路がない
すこし治安とは違う軸でもありますが、物件の周りに道路、線路があると騒音が気になる場合が多いです。大きな通りでなくても、夜中にトラックの行き来が激しいケースもあるので要注意。

「アクセスを重視した5つの条件」

条件6.駅が近い
やっぱり重要なのは駅の近さ。僕は以前、駅から徒歩2分の家に住んでいましたが、超便利でした。

条件7.ターミナル駅が近くにある
ローカル線であっても、ターミナル駅が近くにあれば行動に不自由はしません。都心であれば池袋や新宿、渋谷などを始め、ターミナル駅の周縁のローカル線沿いに住むのはおすすめ。

条件8.複数の路線が通っている
一つの路線で事故や遅延があっても対処できるよう、他の路線が近くにあることは重要です。

条件9.大学・会社まで乗り換えがいらない
大学、会社まで電車が長いことはわりと苦になりません。しかし、乗り換えが意外と苦痛になります。乗り換えはなしをおすすめします。

条件10.大学・会社までなんとか歩ける距離である
電車を乗り過ごした、終電を逃した際でも問題のないよう、歩ける距離にあると便利。タクシー代も安いですよ。

施設編

pixta_9893640_M
次は施設編。普段の生活を充実して過ごすには施設の充実は欠かせません。

条件11.近くにコンビニがある
これは当然ですよ。食事を始め、生活必需品が急にない!ってことも一人暮らしではあるんです。そんなときにコンビニがあれば万事解決。ATMもあるし。

条件12.スーパーが近くに数店舗ある
スーパーは近くに何店舗があるといいです。高級路線ではない、安価を売りにしているスーパーがあるといいですね。

条件13.帰りがけにクリーニング屋がある
学生であればクリーニングはあまり使わないかもしれません。ですが、たまの利用の際、帰りがけにないとかなりめんどくさいです。

条件14.深夜営業のカフェ、ファミレスがある
深夜営業とまでは行かずとも、2時くらいまで空いてるお店があると便利です。試験前やレポートをやらなければいけないときなど、こもれる場所は意外とないものです…

条件15.大量販売系の古本屋がある
安売りの古本屋は本も漫画もDVDも買えるので、一軒くらいあるといいです。

条件16.レンタルDVD屋さんがある
レンタルDVDの方が重要です。友達を家に呼ぶ際や、超暇なときなどにふらっと寄るだけでかなり楽しめるはず。

条件17.朝食を食べるお店がある
意外と目をつけていないものの、朝食を食べるお店があるというのは重要な視点。友人や恋人を家に呼んだ次の日、外で食べる朝食は最高です。

条件18.公園が多い
近くに公園が多いのは家族連れが多い証拠でもあります。散らかり具合は確認しておきましょう。

条件19.体育系施設が近所にある
近所に区営のジムや体育館があると、運動不足も解消しやすくなります。ジムが400円でりようできたりするので、近くにあるか探しておくといいかと思います。

条件20.夫婦が営むパン屋さんがある
最後に、夫婦が営むパン屋さんがあるととてもいいです。中板橋の駅前には夫婦が営む素敵なパン屋さんがあったのですが、暖かいお店が一見あるだけでなんとなくほっとするものです。パンも美味しかったし、そういうお店が応援される町というだけでも素敵ですよね。

自分なりの基準で、自分なりの住みたい街選びを。

いかがでしたか?今回紹介をしたのは、一人暮らしをしている中で重要だと感じたチェックポイントです。大学生や社会人になりたてで初めて一人暮らしをするという方にとっては、超基本の項目です。

大切なことは、自分の中での基準を決めて、ランキングなどには流されないということ。最初の一人暮らしではあまりわからないと思うので、上記のリストを参考にして、快適な一人暮らしを送れるようにしてください。

この記事をシェア!