コーヒーフィルターで手作り加湿器を作って冬の乾燥を撃退!その効果を検証してみた

今年も、本格的な冬がやってきました。

ひとり暮らしLabでは、お金をかけずに暖かく過ごす方法を紹介してきました。

暖房だけにたよらない!部屋を暖かくする節約テクニック

2016.01.13

しかし、部屋をいくらあったかくしていても、忘れてしまいがちなのが部屋の「湿度」。
湿度が下がる冬の時期には、部屋の湿度を適切に保つことで毎日を健康的に過ごすことができます。

しかし、市販の加湿器は高価な上、電気代がかかると、学生の一人暮らしにはハードルが少し高め。
そこで今回は、誰でも安くできる加湿の方法「手作りペーパー加湿器」をご紹介します。

そもそもなぜ「加湿」が必要なの?

冬になると耳にする加湿という言葉ですが、部屋を加湿しないとどうなるのでしょうか?
いちばんの理由はずばり「風邪をひきやすくなるから」。

空気が乾燥していると、風邪やインフルエンザのウィルスが飛散しやすく、したがってウイルスに感染しやすくなるのです。

特に冬場は体の冷え、運動不足や食事の偏りなど、風邪になりやすい要因がそろいがち。
空気が乾燥しているかどうかで、風邪のかかりやすさが決定的に変わってきます。

空気が乾燥しているせいか、今日は喉が痛いなあ」ということもあるかもしれません。
多少手間をかけてでも、部屋を加湿することが健康的な毎日の秘訣なのです。

湿度の目安は、「40パーセント」から「70パーセント」の間とされています。40パーセントを下回ると、粘膜が乾燥し、ウイルスが残りやすくなるのです。また、70パーセントを超えると、夏のムシムシした不快感が生まれ始めます。

コーヒーフィルターの加湿器を作ってみよう!

dsc08786
ペーパー加湿器のキットも市販で売っていますが、今回特にご紹介したいのが、コーヒーフィルターで作る加湿器。
コーヒーフィルターを数枚束ねてコップに入れる方式です。

〜コーヒーフィルター加湿器 作り方〜
1. コーヒーフィルターを2〜3枚重ね、蛇腹に折る
2. 底を切り、輪ゴムで束ねる
3. 上部を花びらの形など、好きな形に切り取る
4. 一枚一枚開くようにひろげ、形を整える
5. 水を入れたコップに入れる


dsc08764
dsc08766
dsc08767
dsc08770

コーヒーフィルターは一度水に湿らせると、乾くたびに水を吸い上げるため、加湿器と同様の効果があるのです。
切り方次第で、色々な形を作れたり、容器を工夫するとインテリアとしてもおすすめです♪

コップ小さめ&水多めだと失敗する!

失敗例。フィルターが水に沈んでしまいました。

失敗例。フィルターが水に沈んでしまいました。

コップは200cc以上のサイズで、水は8割程度がおすすめ。あまり水を入れすぎると、全体が水で重くなって沈み、うまくつくることができません。

本当に湿度は上がる…?

それでは、実際にこのコーヒーフィルターでつくったペーパー加湿器の効果を、湿度計で実測してみましょう。

手作りコーヒー加湿器の効果があったかどうかは、次のページで!

この記事をシェア!

記事下誘導枠