おうち映画館!虫眼鏡で手作りプロジェクターを作ってみた

dsc03950

皆さん、映画は好きですか?

僕は観るの好きなのですが、なにせ自分の部屋が好きすぎて映画館まで行くのが億劫な時があります。

そんな時、自宅で映画や動画が楽しめるアイテムがあったらいいと思いませんか?そしてどうせならイチから作ってみたいと思いませんか??
 
というわけで引きこもりライフを満喫するワクワク工作教室! 
今回はスマホと虫眼鏡(ルーペ)と段ボールを使ってプロジェクターを作ります。

用意するもの

DSC05670
 必要なものは

・段ボール箱(靴箱ほどのサイズ)
・虫眼鏡
・ガムテープ
・ビニールテープ
・スマホケース
・カッター


これだけでOK。ほとんど100均で揃えられます。
この他に鉛筆があると便利です。

DSC05659

まずは段ボールの側面に虫眼鏡と同じサイズの穴をあけ、そこに虫眼鏡を固定します。ここでは光が漏れないように黒いビニールテープを使用しました。

DSC05654

次に、段ボール内部にスマホを設置するための台座を付けます。真ん中に谷を付けたレールを取り付け、スマホケースにV字の支えを付けます。山になるところをカッターでなぞっておくと折り曲げやすくなります。

DSC05651

この二つを組み合わせるとこのようになります。この形にしておくと、あとで行うピントの調整が楽になります。

このスマホケースに自分のスマホを設置すると完成です。

なんと作業時間は一時間もかかっていません。お手軽!

ピントを合わせて、スマホを設定!

手に入れたオモチャで早く遊びたくなるのが男の性。早速試してみましょう。
dsc05648
このプロジェクターはスクリーンと本体の距離と、レンズとスマホの距離の二つを調整してピントを合わせます。スクリーンと本体を離すほど画面が大きくなるので、程よい場所を探しましょう。

続いてスマホ側の設定をします。虫眼鏡の性質のために、スクリーンに投影された映像は上下左右が反転します。左右は設定上どうしようもないのですが、画面の回転設定をいじって本体の上下を反転させればスクリーン側に映る像の上下を正常にすることができます。

また、このプロジェクターはスマホの液晶のみを光源としています。通常のままでは画像が見えないくらい暗いので、スマホの画面の明るさを最大にしておきましょう。

ただしそれでもだいぶ暗いので、カーテンを閉めて電気を消すことを忘れずに。

DSC05643箱の内と外ではこれくらい差が出ます。

ここまでできれば準備完了。いよいよ試写会に挑みましょう…!

今回視聴に使うのはレオパレス公式の「レオパリスくんが行く!!」です。

dsc03950 dsc03955

わずかにぼやけた輪郭が、8ミリフィルムのような味を醸し出しています。迫力あふれるアクションムービーより、ハートフルなものが向いているかもしれません。

DSC05631

インドア大好きな筆者もこのご満悦フェイス。前回、蓄光テープで作ったサイバー部屋で鑑賞しました。

【サイバー空間】蓄光テープを使って部屋を男の夢にしてみた

2016.08.03

コツは虫眼鏡のサイズと枚数

完成まではサクッと行けた手作りプロジェクターですが、いくつか失敗した点や皆さんに気をつけて欲しい点があります。

一つ目は虫眼鏡の大きさ。
どうやらレンズの直径に関わらずレンズの淵付近は投影する像がぼやけ気味になるようなのですが、最初に使った虫眼鏡が小さすぎたため、投影された画面のほとんどがぼやけてしまいました。ある程度大きさのある虫眼鏡を使った方がいいでしょう。

二つ目は音声についてです。
スマホを使って動画を再生するので、当然その音声はスマホから流れます。ただ箱の中に封じ込めてしまっているため、スマホのスピーカーを使うと音が非常に聞き取りにくい。

なのでスマホにヘッドホンを繋ぐか、Bluetoothのスピーカーなどを使うと聞き取りやすくなって迫力も出ますよ。
DSC05667

友だち誘ってみてもホームシアターに挑戦!

簡単な工作を楽しみつつ自宅を映画館にもできる手作りプロジェクター。

現在は映画観放題のサービスも充実しているので、スマートフォンで観るだけでなくプロジェクターで大きく観るのも良いかもしれませんね!
レオパレス21でも映画が観れるサービス「LEONET」があるので、そちらもチェックしてみて下さい!

雨の日の暇つぶしにもいいですし、ホームパーティーを開いてみんなで映画の鑑賞会をしても楽しいかもしれません。

この記事をシェア!