ホームパーティにぴったり! ハリボーグミをいろいろなお酒につけてみた

gummi-bears-318353_640

「ハリボーグミ」をご存知ですか? とっても固いグミで、ヨーロッパでは子供が最初に食べるのがハリボーと言われるほど有名なおやつです。日本でもよく輸入雑貨ショップで見かけます。

そのハリボーグミをウォッカに漬け、プルプルでアルコール度数30オーバーのきつい食べ物にするのが巷で流行っているとの情報を入手しました。ホームパーティでちょっと珍しいものを出したいときのおつまみにもおススメだとか。
そこでさっそく編集部でも、酒漬けハリボーグミ作りに挑戦! お手本どおり作るだけでは楽しくないので、ウォッカ以外のお酒でもトライ。果たしておいしくできるのか、はたまた、記者の舌は無事で済むのか!

準備したお酒

「ハリボーをウォッカに漬けて食べるのが流行ってるらしいですよ~。倍くらいの大きさになるまで吸わせるから一粒でめちゃくちゃ酔うらしいんですよ。アホですねえ(笑)」
てなことを編集さんと話していたら面白そうだから自分でやってみてよ、なんて無茶ぶりから始まった今回の企画。
ウォッカを使うとおいしくなることは明らかなので、せっかくだから他のお酒で作ってみます。

知り合いの酒好きにお願いして5種類のお酒を用意しました。

ジン、カシスリキュ-ル、ウィスキー、ラム、謎の生姜風味の焼酎

生姜の焼酎は知り合いもどこで買ったのかよく覚えてないそうで、本当に謎です。これ、そのまま飲んでみたらむせました。ものっすごい生姜の風味が口の中を襲います。大丈夫かこれ。
皿に入れ、5種類のお酒にハリボーを浸してセット完了。冷蔵庫にいれて2日ほど寝かせれば完成です。どうなることやら。

酒漬けハリボーグミを実食

12435571_228088434189777_150411171_n
開始から2日。そろそろできた頃合いなので、冷蔵庫から出してみます。
おお、膨らんでる。本当に2倍くらいまで膨らむんですね。ジンのハリボーはお酒の量がちょうどよかったようで、キレイに吸いきっていて見た目も鮮やかです。ホームパーティのおつまみになるのも納得ですね。

12435958_228086544189966_2060970132_n
左上から時計回りにジン、ウィスキー、ラム、カシス、生姜風味の焼酎

ではジンから食べてみましょう。
12434157_228086377523316_362048658_n
一つ串に刺して、パクリ。うおおおなんだこれ。マズ! 薬の味がします。ハリボーの味が消し飛ばされてますね。いやひどい、ジンは失敗ですね。

続いてウィスキーを一口。ジンのように口に入れた瞬間なにかに襲われることはありません。噛んでみるとウイスキーの苦みとハリボーの甘みがマッチしていて…うん、なかなか悪くない。これは「あり」ですね。全部大変なことになってしまうかと心配してましたがなんとか一安心です。

次はラムにトライ。ぬあっ…!これも薬の味がする。なぜだ。すぐ飲み込んでしまったんでジンとの違いが分かりませんでした。まあおススメしないことは確かです。

ふぅ、次いこう。

生姜焼酎は怖いんでカシスにしましょう。これは結構期待できます。甘いものと甘いものですからね。失敗するわけがありません。てことで一口。口にいれたら広がるカシスの香り、一噛みすると甘さがあふれてきます。すこしアルコールの風味もしていいアクセントになってます。ちゃんとおいしいです。カシスはあたりですね。
1932099_228086354189985_1433889950_n

さて、ではいよいよラスボス・生姜風味の焼酎に挑みますか。

いままで書いてませんでしたがテーブルの上においてる段階ですでに生姜の匂いがしてるんですよ。食べなくてもひどいことになるのは目に見えてますが、逃げるわけにはいきません。意を決して一口。襲ってくる生姜の香り。まだだ、まだ耐えられる。一噛み。ガハッ!…無理でした。誰だこんなんつくったやつ。いやもうみなさん絶対やっちゃだめですからね。

食べた感想まとめ

成功したのはウィスキーとカシスの2つでした。
正直、カシスしかまともな味にならないだろうと予想してたんでこの結果は意外でした。リキュールみたいな甘いお酒だったら何に浸しても成功しそうです。ウィスキーのように少し苦みのあるお酒も合いますね。焼酎はダメでしたが、日本酒の甘口のものならうまくいくかも。ジンとラムが薬の味になってしまった原因は結局わからずじまいでした。

全体的に美味しい酒漬けハリボー、成功するとパクパク食べちゃうほどおいしいので皆さんもぜひお試しあれ。ただ、謎のお酒で作ったりしたら地獄をみますので、罰ゲーム以外ではご注意ください。

この記事をシェア!