お家で寿司パをしよう!定番のちらし寿司から誰でもできる握り寿司の裏ワザも!

S__22798344

こんにちは。夏バテ知らずのライター・ぜなひでです。

梅雨や夏だと、どうしても食欲が減りがちですよね。
「食欲がない」「そうめんくらいしか食べる気がしない」、そんな時期でも思わず食欲が出てくるのがみんな大好きなお寿司。

寿司酢には食欲を増進させる効果がありますし、魚や野菜をどんどん食べることができちゃいます。

もし、美味しい寿司がおうちで作れたら、毎日の食事が楽しみになりますよね。でも、実は材料を揃えれば、意外と簡単に作れて、友だちと一緒に作っても盛り上がります♪

そこで今回は、
(1)いちばん簡単なちらし寿司
(2)パーティ形式で盛り上がる手巻き寿司
(3)にぎり寿司

の順で、一人暮らしのおうちでも美味しく楽しくできるコツをお伝えします。

他の料理でもそうですが、生物を扱いますので作る前の手洗いや消費期限など衛生面には十分注意してくださいね。

1,ちらし寿司編

S__22798341

最初は最も簡単なちらし寿司です。
シャリを仕込んだら、そこに具材をどんどん入れていきます。

【シャリの仕込み】

1)桶にご飯2合を入れます。
2)寿司酢大さじ4杯、砂糖小さじ2杯、塩少々入れます。
3)米粒を潰さないようにしゃもじで全体を乾かすようにかき混ぜ、うちわで扇ぎます。
4)乾いてきたら完成

※桶がない人は、ボウルで代用できます。


具材はできるだけ大きいものを入れることで、見た目が美味しそうになりますよ。

酢、砂糖は、多めに入れたほうが美味しくなります。はじめはベトベトしていても、うちわであおぐと固まってきます。そのため、酢は多めくらいがちょうどいいです。

今回、入れた具材は次の通り。

【ちらし寿司の具】

・きゅうり・・・角切りにすることで、ふつうのきゅうりが豪華に見えます。
・厚焼き卵・・・卵焼き用の四角いフライパンで厚焼き卵を作り、それを角切りにします。
・かにカマ・・・混ぜる前に常温でしばらく置いてやわらかくしておきましょう。
・マグロ・・・にぎり寿司と違い、角切りに。
・えび・・・生食用のサラダエビが食べやすいです。
・のり・・・食べる直前に小皿に載せましょう。


S__22798339

特に難しいところはなく、好きなものをどんどん入れられるのがちらし寿司のいいところ。

小皿に取り分けるととっても美味しそう! さらにここからお好みで白ごまをふりかけると美味しいですよ。

2,手巻き寿司編

S__22798340
次は、パーティでも特に盛り上がる手巻き寿司をご紹介。

【手巻き寿司のつくりかた】

1)全形のり(一番大きな正方形のサイズ)とキッチンバサミを用意します。
2)まず正方形を2つの長方形に切ったあと、それぞれの長方形の中心部を斜め横に切ります。(写真参照)
3)鋭角のほうにシャリを寄せて、しゃもじでぺったりとおさえつけます。
4)シャリの上に具材を載せて、巻きます。


手巻き寿司のポイントは、
1)のりのカットの形を正確に
2)ごはんは極力少なく

の2点です。

のりの形が不正確だと、うまく巻けません。また、ついつい欲張ってシャリをたくさん載せてしまうと、のりで包みきれなくなってしまってきれいな手巻きになりません。
S__22798338

筆者は特に納豆巻きがオススメです! ひきわり納豆か小粒納豆を使いましょう。
DSC01921

3,にぎり寿司編

最後は、大変だけどチャレンジしてみたいにぎり寿司をご紹介。シャリを握るのは大変だけど、家にある「アレ」を使うと簡単にできちゃうんです!

■ネタを切る

S__22798342

ネタはスーパーなどで調達しましょう。お寿司の定番と言えばマグロ、サーモンなどがありますが、旬な魚やイカなども良いかもしれないですね。

【切る時のポイント】

1)まず、マグロを横にし、筋を見ます。
2)筋と包丁がクロスになるようにします。
3)安い魚を使うと形があまり良くないので、そぎ作りという少し横に包丁を入れる切り方がオススメです。
4)刺身包丁がない場合、普通の包丁だと長さが足りなくなるので、刃元から切っていくようにしましょう。
5)力と入れるとネタが崩れてしまうので、力を入れずに包丁の刃だけで切っていきましょう。
6)少し半冷凍くらいだと切りやすくてオススメです。


切り終わったら、バットに並べていきましょう。

■シャリを作る

DSC01211

【仕込み】

さて、次はシャリを作っていきます。ちらし寿司と同じ要領で作っていきます。
1)桶にご飯2合を入れます。
2)寿司酢大さじ4杯、砂糖小さじ2杯、塩少々入れます。
3)米粒を潰さないようにしゃもじで全体を乾かすようにかき混ぜ、うちわで扇ぎます。
4)乾いてきたら完成

これでシャリは準備万全です。

■握るときは○○を使う

シャリの形を作るのは大変です。うまく握るには何年も修行が必要な職人の技になります。

そこでオススメなのが、製氷器(製氷皿、製氷トレイ)を使ったシャリづくり!
製氷器にシャリを敷き詰めてパタンと裏返すという画期的な方法です!
DSC01268

【製氷機を使ったシャリ作り】

1)作ったシャリを空きがないように製氷器に敷き詰めていきます。
2)少し上から押すことで、しっかりと形を作ります。
3)あまり押しすぎると米がつぶれるので注意を。
4)皿に一気に製氷器をひっくりかえせば完成。


押しすぎてもゆるすぎても美味しくないので、絶妙なバランスはぜひみなさんで探ってみてください!

さらにコツとして、製氷器用にネタの切る大きさを揃えると、形がきれいになります。慣れれば、ぽんぽんと一気に8つのシャリができて楽しいですよ♪
S__22798346

お家パーティには製氷器が欠かせませんね!

みんな誘ってお寿司パーティー

以上、たくさんの寿司をつくってみました。
これからの季節、涼しい家で美味しい寿司パーティーなんかどうでしょうか? 

上で紹介したように、製氷器を使えば簡単にシャリも作れて便利です。他にも色々な型抜きを使ってみても面白い寿司が作れるかも。衛生面に気をつけて、楽しんでください!

この記事をシェア!