異色の男子チア!早稲田大学ショッカーズの一人暮らし&大学生活を聞いてきました

IMG_2403

大学生の一人暮らしを応援するひとり暮らしラボ。今日も、現役の大学生のリアルな姿を切り取っていきます! 

今回お話を聞いたのは、早稲田大学男子チアリーディングチーム「ショッカーズ」3年生の西村さん。高校時代から一人暮らし(寮)をしていたそうです。

男子のチアという珍しい競技として注目されているこの団体、同大学出身の直木賞受賞作家・朝井リョウが『チア男子!!』という小説を書いたほど、「青春」そのもの。ハードな毎日のなか、学業もバイトもこなす、西村さんの一人暮らしにせまります。

学業とサークルとバイトに忙しい毎日

ーまず初めに、自己紹介をお願いします。

現在、早稲田大学3年生、基幹理工学部の電子物理システム学科で電子系の勉強をしています。サークルは男子チアリーディングチームのショッカーズに所属しています。

ー普段の生活はどんなかんじですか?

理系なので、週4回、大学に通って勉強しています。残りの時間はサークルの練習をしているか、アルバイトをしていますね。勉強、サークル、アルバイトの両立はきついなと思うこともありますが、他の大学生よりは頑張っているかなと自負しています。

アルバイトはメロンパン専門店で働いています。「世界一メロンパンが似合わない男」と友人に冷やかしをうけますが(笑)、週に3,4回ほど出勤しています。

男子チアリーディングの実態にせまってみました

練習前にがっちり笑顔!この笑顔は全員練習するそう。

練習前にがっちり笑顔!この笑顔は全員練習するそう。

ー所属している男子チアサークル・ショッカーズのことを教えてください。

男子のチアリーディングと聞くと珍しく感じる人もいるかと思いますが、最近は徐々に増えてきており、全国に、明治大学、首都大学、名古屋大学、同志社大学、そして早稲田大学の5つのチームがあります。

またショッカーズには、部員同士を呼び合う「ショッカーズネーム」と呼ばれるコードネームがありまして、僕はポテイトと呼ばれています。理由は帰国子女で、アメリカといえばという単純な理由で先輩につけてもらいました。

バッグには「POTATO」の刺しゅうが!

バッグには「POTATO」の刺しゅうが!

ー面白いですね!実際にショッカーズに入ってみて大変なことはありましたか?

まずは筋トレですね。入った当初は筋力がなかったので、とても苦労しました。もともと高校時代はバスケをがんばっていたので、そこそこ筋肉には自信があったのですね。でもやはり、チアは独特の動きなので、バスケとは使う筋肉が違うんです。
そのため、筋トレはほぼ毎日していましたし、食べるものを変えました。

また、プロテインも飲んで筋力増加を図りました。その結果、一年生のころよりも10Kgも体重が増えましたね(笑)

1年前の様子。

1年前の様子。

-10㎏!すごいですね。大会はあるんですか?

年に一度、大きな大会があります。男子チア部門もきちんとあるので、先ほど紹介した5チームで競い合っています。

その他に大きな大会はないのですが、早稲田祭や早慶野球のイベントに参加させてもらって、尺とか演技の流れを変えるといった工夫で、それぞれのイベントに合わせた演技をしていますね。

大会終了後にパチリ。

大会終了後にパチリ。

ーサークルのメンバーの雰囲気はどうですか? ストイックなイメージがあるのですが。

チアリーディングは1つのミスで大怪我につながる危険なスポーツなので、雰囲気が緩くならないように心がけています。また、練習中に120%でやらないと、本場で緊張してしまうので、練習は毎日全力です。

しかし、練習中はストイックでも演技中にそれを見せてしまうと、お客さんに楽しさが伝わらなくなってしまうので、努力をみせないよう、演技中は爽やかな笑顔で挑んでいます。オンとオフの切り替えはすごく大切にしていますね。

普段のショッカーズの練習風景。

普段のショッカーズの練習風景。

ー会場を盛り上げるのは大変だと思いますが、コツとかあるんですか?

大技を繰り出してお客さんを巻き込むことですかね。「スタンツ」といって人を持ち上げたり、乗せたりする技もそうですし、人を飛ばして空中で回転する「トス」と呼ばれる技が成功した時は、会場のボルテージも一気にあがります。

これらはとてもコツがいる技で、みんなの息が合わないとできないので、失敗するリスクも高いんです。だからこそ、成功したら盛り上がるんですよね。あとはなんといっても、笑顔です。失敗しても表情を崩さず、常に笑顔でいることを心がけています。

屋外公演のときの風景。

屋外公演のときの風景。

ーとても充実した大学生活を送っている西村さんですが、大変だなと感じることはありますか?

テスト期間中にも練習やアルバイトはあるので、疲れて全てが嫌になることはあります。それに、練習日が月、水、金、日曜なので旅行とかキャンプに誘われても泊まることができず、参加できない虚しさはあるかもしれません。

また、サークルはお金がかかるので大変です。交通費はもちろん、イベントに出るための参加費も部員同士で出し合うこともあります。

また、年に一回、ショカフェスといって自分たちで全部一からセットリストやパンフレット、会場をセッティングする自主公演があります。自主公演の際は部費も一段と高くなるので、ギリギリのところで生活していますね。

それでもサークルのメンバーや練習が楽しかったり、お客さんの喜ぶ顔をみれるのがうれしいので、なんやかんや3年生まで辞めずに続けることができました。

高校から実家を出て寮暮らし!

ー一人暮らしをするときっていろんな期待や悩みがあったと思うのですが、最初のころはどうでしたか?

元々、高校のころから実家を出て、埼玉県にある高校の寮で生活していたので、心境の変化はさほどありませんでした。

ただ、ワクワクしていた気持ちと不安な気持ちは半々にありましたね。高校時代は寮だったので22時までの門限があったのですが、一人暮らしだと門限がなくなるので、うれしかったですね。遊びたい年頃なので。

不安な気持ちでいうと、食事ですかね。高校のころは寮からご飯が出たのですが、一人暮らしだと自分で作らなくてはいけないので、自炊とかどうしようって悩んでいました。

部屋の様子。ユニフォームと教科書がたくさん。

部屋の様子。ユニフォームと教科書がたくさん。

ー部屋はどうやって選びましたか?

親と一緒にインターネットで探していました。大学に近くて洗濯機が家の中にある物件を探していたところ、1Kで8畳の広くて綺麗な部屋を見つけたのでそこにしました。いまでもそこに住んでいます。

たくさんのTシャツ。いずれもショッカーズ関係のものばかり。

たくさんのTシャツ。いずれもショッカーズ関係のものばかり。

ー最後に同じように頑張っている全国の大学生に向けて、メッセージをください。

個人的には大学の4年間って長いようであっという間なので、楽しんだものがちだと思っています。それとやりたいことを1つでも見つけられたら最高かなとおもっています。バイトでもインターンでもいいし、僕みたいにサークルでもいいし。

何か1つでも打ち込めるものを見つけて、学生生活を楽しんでください!

ありがとうございました!

「では、練習なんで」と、戻っていくPOTATOさん。忙しい練習の合間をぬって答えてくれました。ありがとうございました!

この記事をシェア!