万国共通!海外クリエイターによる一人暮らし動画で、新生活をもっとワクワクにしよう!

スクリーンショット 2016-01-31 13.53.28

この春から念願の一人暮らし! 新しい部屋であなたを待っているのは、どんな毎日でしょう?
今回は、「新生活が待ち遠しくてたまらないっ!」というあなたに、さらにそんなワクワクを楽しめる「動画コンテスト」の入賞作品をご紹介します。

海外クリエイターが“初めての一人暮らし”を60秒に濃縮!

レオパレス21主催の「動画世界道場」は、初めて一人暮らしをする18~22歳の若者』をターゲットにした動画コンテスト。
世界各国のクリエイターが、一人暮らしをしている主人公の様々な感情を、ユーモアとドラマたっぷりの60秒の動画で表現しています。
新生活・一人暮らしのワクワクやドキドキは万国共通。

たった60秒の動画ですが、それぞれのクリエイターが様々な角度から、誰でも共感してしまう作品に仕上げています。

それでは早速、入賞作品を見てみましょう♪

第3位 “母に見せるひとり暮らし”


一人暮らしをはじめると、何をしていても誰にも文句を言われない。それは間違いなく、一人暮らしの醍醐味の一つですよね。
だけど、最近ではテレビ電話も普及して、「思わぬタイミングでお母さんに画面越しに暮らしぶりをチェックされる!」なんてことも……?!

この動画の主人公は、テレビ電話をかけてきた母親に「いい子」で乗り切るべく、あらゆる工夫を凝らして部屋を演出します。
一つ一つのアクションが、「それはいったい何のために?」と思わせて、「なるほどそう来たか!」に着地する、非常に功名な仕掛けに。
あなたも同じようなピンチに遭遇したとき、この動画が参考になる……かも?

第2位 “私の新生活”


初めての一人暮らしのワクワクは、きっと「一人で住むこと」だけじゃなく、「新しい挑戦や新しい出会い」へのワクワクですよね。
この動画は、一人の女性の新生活を柔らかな音楽にのせて表現した作品。
希望に満ちあふれる時も、不安な時も、恋した時も、いつも帰ってこられる自分だけの空間がある素晴らしさがじんわり感じられます。

新しい家、新しい家具、新しい仕事、新しい挑戦、新しい恋……。

一人きりの時間も、誰か大切な人との時間も、自分らしく過ごす主人公の姿に、きっとあなたの心も温かくなるはず。
動画の温度感や音楽がとてもお洒落なので、一気に世界観に引き込まれます。なによりアメリカの生活が羨ましい!!

第1位 “はじめての自分だけの部屋”


部屋のインテリアを思い通りに描きたい。自分だけの最高の空間をつくりたい! 一人暮らしを夢見る人なら必ずそんな想いがあるはず。
両親と一緒に住んでいると、どうしてもインテリアの決定権は自分では握れず、なかなか思い通りにはいかないもの……。

この動画では、ヒューマンビートボックスのポップなリズムに合わせ、そんな「自分の理想の部屋」を描き出す、とってもワクワクするストーリーになっています。シンプルな構成ながら、音楽の変化や軽快な動きで何度も見たくなるような動画です。

その他の作品は?

その他(1) “はじめての新生活”


この動画は、若者の一人暮らしの“リアル”を定点カメラで映し出しているのがおもしろいところ。友人・彼女など、さまざまな人との関わり合いの中で、主人公の毎日が鮮やかに彩られているのがわかります。
日常を映しているだけのようで、見ていてまったく飽きないストーリーになっています。

その他(2) “一人暮らしでしたい21のこと”


とにかく笑ってしまうのがこちらの動画。誰も見ていない自分だけの空間だからこそできる、ちょっと恥ずかしい(?)あんなことやこんなことが、なんと21個も紹介されています。
あなたも一人だったらついついやってしまう事があるかもしれませんね。見ているだけでも楽しいですが、一人暮らしをはじめたらぜひ21個ぜんぶに挑戦してみては……? そう、例えば「ムーンウォークの練習」とか!

毎日を記録してみよう!

いかがでしたか? ついつい笑ってしまうものから、じんわり感動するものまで、一人暮らしへのワクワクがきっと高まったはず。
今回紹介したような動画はつくれないとしても、写真や動画に新しい毎日を記録してみると、年月が経ってもその頃のの感動を思い出せるかもしれませんね。

一人暮らしは不安なこともたくさんあるかもしれませんが、周りの人の助けも借りながら、あなたの理想の一人暮らしを実現してくださいね♪

この記事をシェア!