大関れいかさんに聞いた「理想のお部屋」【インタビュー vol.3】

SNSや動画配信メディアで若者を中心に絶大な支持を集める、あつぼーさん・かやくまさん・大関れいかさんが、レオパレス21のアニメーション『お部屋探し物語』に参加してくださいました。

そこで、ひとり暮らしLabでは、声優を務めた3名に「一人暮らし」にまつわる質問に答えてもらいました。

第三弾は、日本一フォロワーを持つ女子高生、大関れいかさんにインタビュー。

大関れいか
1997年、東京都生まれ。6秒動画Vineで一躍人気を博し、現在ではインフルエンサーの枠を超え、女優としても活躍中。松居大悟監督「私たちのハァハァ」で映画デビュー。大手アパレル企業のCMナレーションやNHK「高校講座」でもレギュラーMCを務め、メディアでも幅広く活動をする。

▼人気動画はこちら

どちらかと言うと“インドア派”

普段自宅で何をしていることが多いですか?

大関れいかさん:寝ているか、映画を見ているか、たまーに友達と出かけます。基本家にいることが多いかもしれません。

自分の部屋のお気に入りポイントを教えてください。

大関れいかさん:最近買ったダブルベット。寝心地バツグンです。

シンプルで物がないお部屋が理想

一人暮らしの魅力は?

大関れいかさん:自分一人なので、何をしても許されることですかね。誰にも気を使わずにいられるのはうらやましいなと思います。

一人暮らしを始めたら、まず一番にしたいことは?

①自由気ままにダラダラを満喫
②友達や恋人を家に招待
③部屋をコーディネート
④趣味の時間に徹する

大関れいかさん:③の部屋をコーディネート!
家具・インテリア選びからレイアウトまで、自分の好きな空間にできるので。

家の近くにあったら嬉しい施設はありますか?

大関れいかさん:大きいスーパー。日用品から食料、衣服まで売ってる3階建てくらいの大きさのスーパーがあったら言うことなし!スーパーの品揃えの良さとその場所が近いって、一人暮らしの自炊派には特に大事かも。あとはコンビニ。笑

芸能人のお部屋で参考にしたいお部屋は?

大関れいかさん:オリエンタルラジオの藤森さんのお部屋です。テレビで見たことがあるのでパッと思い浮かんだのもありますが。笑 ニトリで揃えたみたいなシンプルなお部屋で、物がそもそも少なくて、見えるところに置かないこだわりが良い!

この人なら家に入れても大丈夫と思える条件とは?

大関れいかさん:第一に清潔な人。笑 靴下履かない人とか論外!

部屋で一人、映画鑑賞するとしたらどんなジャンルを見ますか?

大関れいかさん:オールジャンル。恋愛ものからコメディ、アクションまでその日の気分でいろいろ見たいですね。

ズバリ「女ウケする」男の部屋とは?

大関れいかさん:シンプル。カーペットとかソファとかがオシャレ。物が少ない。そして、黒じゃなくて茶色とかのチョイスで、洗濯物や洗い物が溜まってないかんじ。

アフレコ動画について

アフレコの収録はいかがでしたか?

大関れいかさん:楽しかったです!元々こういうアフレコが好きなのですごく面白かったし、声だけで表現するのって難しいなぁと痛感しました。

実際に「物件探し」をする際に、これだけは譲れないってこと教えてください。

大関れいかさん:駅から7分以内、風呂・トイレ別、システムキッチン、洗面所独立、25平米以上、築5年以内、二階以上、スーパー・コンビニが近い、宅配ボックスあり、日当たり良好。ざっとこれは絶対。笑 単純に家に帰った時にルンってしたいし、綺麗が一番ってのを重視して。

取材のご協力ありがとうございました

理想のお部屋や物件探しの絶対条件について語ってくださった大関れいかさん。皆さんは、こんなお部屋に住みたいという理想のイメージはありますか?オシャレなアイテムを集めたり、いろいろな物件を探して、理想のお部屋に少しずつ近づけられるといいですよね。

▼大関れいかさんが声優に挑んだ店頭アニメーション動画はこちら

▼あつぼーさん、かやくまさんのインタビューはこちら

あつぼーさんに聞いた「憧れのひとり暮らし」【インタビュー vol.1】

2017.09.28

かやくまさんに聞いた「ひとり暮らしの魅力」【インタビュー vol.2】

2017.09.28

この記事をシェア!