《祝☆成人》お酒は呑んでも飲まれるな!お酒のイイカンケイづくり

pixta_7328559_M

アルコールに満たされたグラスの向こう側にはオトナの世界があるらしい。
魔法の飲み物が連れて行ってくれるのは、果たして天国か、はたまた地獄か。
それはもちろん、あなた次第。

1月11日は成人の日ですね!
新成人の皆さん。まずは、成人おめでとう。そしてオトナの世界へようこそ。

オトナの世界は、自由で、楽しい。だけど同時に様々なリスクもあるのは確か。
人との付き合いにも今後必ず登場する「お酒」という存在。

一人暮らしをしていれば、自宅に友達を招いての「宅飲み」や、そのままの「オール」も日常茶飯事かもしれません。また、慣れてきたら「一人晩酌」もできるかも?
今回は、オトナの自由をもっと楽しく安全に満喫する為のTipsをまとめました。

お酒の知識、基礎の基礎

pixta_19221811_M
お酒には、大きく分けて3つの種類があります。

醸造酒……穀類や果物を発酵させたもの。アルコール度数は比較的低めで、飲みやすい。だからこそ飲み過ぎてしまう危険も。(ビール、ワイン、シャンパン、シードルetc.) 

蒸留酒……大麦、ぶどう、サトウキビなどを発酵させて蒸留させたもの。アルコール度数は高め!深く酔ってしまう危険も。口当たりは辛い物が多く、のどごしが熱いのも美味しさのうち。(ウィスキー、ブランデー、ラム・ジン・ウォッカ・テキーラ等のスピリッツ類etc.) 

混成酒……醸造酒や蒸留酒に果実やハーブなどの風味をうつしたり、糖分を加えたもの。様々な種類のカクテルのもとにもなっていて、甘い物も多く飲みやすいが、リキュール自体のアルコール度数は高めなので注意が必要!(カシス・カンパリ・カルーアなどのリキュール類・梅酒etc.)

自分の適量、知っておいて損はない!

pixta_18658243_M
成人したばかり、まだ自分の「適量」を把握出来てないときに無理な飲酒をするのは危険! どの程度の量で、自分がどんな状態になるかを知っておけば、お酒での失敗は防げます。

言っておきますが、お酒の失敗は「自分を堕とすネタ」にはなりますが、なんの自慢にもなりません。「イタいやつ」にならないようにしましょう!

さて、お酒に強いか弱いかは、体質によってすでにほぼ決まっています。
アルコールは体内で、アセトアルデヒドという物質に分解されるわけですが、その物質は「毒」です。
この毒によって、顔が赤くなったり、吐き気がしたり、頭痛がしたりします。

日本人の場合、約40%の人がこの「毒」に充分に対応出来ないので、お酒に弱く、なんと4%が全く対応出来ない人だと言われています。

一人暮らしで飲めるようになるために、テストしておこう!


では、あなたはどうでしょうか? 一人暮らしの自宅で安心して飲めるようになるために、実際にアルコールに対応できる体質かどうかを調べてみましょう。

【(1)パッチテストで簡単チェック】
①市販の絆創膏のガーゼ部分に消毒液をつけ、上腕内側に貼る。
②7分経ったらはがして、すぐに肌の状態を確認する。
③はがしてからさらに10分後にもう一度確認する。

□はがしてすぐの時点で赤くなっている:→かなり弱い。基本的に全く飲めない体質。絶対に無理はしないで!
□10分後に確認したら赤くなっていた:→弱い。平均よりも弱いので、飲む量やお酒の種類は自分でコントロールしましょう。
□変色無し・・・弱くはない。それでもコンディション等には気を配ってお酒を飲みましょう。

【(2)まずは家族や親戚と飲む】
どうなっても味方でいてくれる、助けてくれる人とまず飲みましょう。自分では大丈夫と思っていても、気がつくと泥酔していて記憶がなくなっていることもあります。

他の人と飲むことでどれくらいのレベルにいるのかを客観的に教えてもらえます。まずはどうなっても助けてもらえるような状況(実家にいるときなど)で、お酒を試してみましょう。そして、必ず翌日、「俺/私、どうだった?」と聞いてみてください。

こんな飲み方、ダメ絶対

pixta_17106887_M
どんなに強い人でも、飲み方や付き合い方を間違えれば、大きく道を踏み外す危険があるのも、お酒の怖さ。

①“ちゃんぽん”はNG!
“ちゃんぽん”とは、何種類ものお酒を一晩で飲むこと。これの問題は、味が変わるとたくさん飲めてしまうため、いつも以上に調子に乗って飲んでしまうこと。

②そりゃ気分悪くなるよ“空腹爆弾”
何も食べていない空腹時にお酒を飲むと、酔いやすいのはもちろん、胃に大ダメージを与えます。

③命をかけてる“一気飲み”
年にいったいどれだけの人が一気飲みで命を落としたり、落としかけたりしていることか。その場のノリに流されず、お酒は味わって飲みましょう。

④良い事が1つもない“やけ酒”
精神状態が良くない時のお酒は、本当に何一つとして良いことはありません。悪酔いしやすいし、なんの解決にもなりません。やけ酒したい気がする夜はさっさと寝ましょう。

節度をもって、お酒を楽しもう!

自由には、責任が付きもの。
新成人になり、やりたいことや楽しみはきっと盛りだくさんですよね。
「自分は大丈夫」と過信せずに、オトナの余裕をもってお酒とお付き合いしましょう♪

お酒とイイカンケイを保てれば、その先はイケてるオトナの世界が待っています。
それでは、あなたとお酒のミライに、乾杯!!

※ 最後に…成人式を迎えてもまだ19歳の人はお酒を飲んじゃダメですよ!

この記事をシェア!